Nadegata Instant Party「Instant Scramble Gypsyができるまで」DOCUMENT BOOK

¥ 1,080

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料150円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

作品《Instant Scramble Gypsy》のプロジェクト・ブック。リサーチ期間を含め約2年間にも及んだ長期プロジェクトを、ナデガタの全メンバー、そして舞台となった月見の里学遊館の企画スタッフ戸舘正史氏による4つの視点で綴ったダイアリー形式のドキュメンテーションです。巻末には3人の論者による本プロジェクトに寄せた論考を特別収録。
*
Instant Scramble Gypsyができるまで ーA Making Of Instant Scramble Gypsy
編集:Nadegata Instant Party
   中西要介
   戸舘正史
編集アシスタント:村田亘
デザイン:中西要介
写真:鏑木希実子
   Nadegata Instant Party
発行:月見の里学遊館
発行日:2011年7月1日

■収録エッセイ
伊藤裕夫「この100年のアートの流れの中で ー芸術と社会の関わりからNadegata Instant Partyの位置づけを考える」
服部浩之「Alter-Structurism ーナデガタ式物語の構造分析」
柳澤望「本末転倒というコンセプト ーその物語とドラマ」

---
Nadegata Instant Party(中崎透+山城大督+野田智子)
中崎透、山城大督、野田智子の3名で構成される「本末転倒型オフビートユニット」。2006年より活動を開始。地域コミュニティにコミットし、その場所において最適な「口実」を立ち上げることから作品制作を始める。口実化した目的を達成するために、多くの参加者を巻き込みながら、ひとつの出来事を「現実」としてつくりあげていく。「口実」によって「現実」が変わっていくその過程をストーリー化し、映像ドキュメントや演劇的手法、インスタレーションなどを組み合わせながら作品を展開している。
http://nadegatainstantparty.org